オーストラリア

  海外就職

旅の情報
くらしの情報
楽しむ情報
他のシティへGO!
オーストラリアオーストラリアホーム
一般情報
その他の情報
Google
Web ozlifestyle
友達に紹介 このサイトを
  お友達に紹介
お気に入りお気に入りに追加

海外就職

「海外で働きたい」人が増えています。「身につけた語学力を活かしたい」、「海外で暮らしてみたい」など動機はさまざまです。

海外の仕事環境

日本でも最近崩れてきていますが、オーストラリアでは終身雇用という形態は大変まれです。会社の都合でリストラもありますが、それ以上に、キャリアアップのため、条件のいい会社にどんどん転職するというパターンが一般的です。つまり、転職するごとに給料が上がっていくというわけです。

オーストラリアでは皆余暇の時間を大切にしますので、男性でも5時の退社時間がくればきっちりと仕事を終え、家に帰ります。かつての日本のお父さんのように帰りは毎晩11時なんていうことはありません。

日本では仕事の後に上司と飲みに行ったり、日曜日にゴルフなど、社外での付き合いも大切ですが、オーストラリアではこういうことはまずありません。社内での上下関係もあまり明確でなく、それぞれが自己主張をしっかりする、という姿勢です。

オーストラリアでは専業主婦というのはまれで、ほとんどの家庭が共働きです。そのため、男女同権意識がしっかり根付いており、家事は当然、両方が分担し合います。男の人が料理のできるのは当たり前です。

オーストラリアは日本に比べると物価が安いのですが、その分、給料も必然的に低くなります。日本と同じ給料は期待できません。

海外で実際に働く

さて、海外で実際に働くためにはなんといってもビザが一番の問題です。実際にこちらで働いている人というのは、結婚を別にすると、「どうしても海外で働きたい」という強い意志があってはじめて実現しているというのが現状です。生半可な気持ちではできません。

実現に向けて

日本で現地の事情などがわからないまま計画を立てるのは無理があると思いますので、とりあえず、本当にその土地が自分に合っているか、そこで暮らしたいかを確かめるため、ワーホリロングステイ留学などで、少なくとも3ヶ月間暮らしてみることをお勧めします。その間に自分が目指したいものを見つけて、それに向けての準備(大学選びや職探し、ビザの必要条件など)をするというのが合理的だと思います。実際に働いている人の話も聞けますし、いろんな情報が得られるからです。

留学に役立つ英語教材
   
自宅で完璧なTOEIC対策ができるのが、ダイヤモンド社の『スーパー英語』。1日当たり105円のネット講座。30分無料体験ができます。
   
楽天市場で2000年ベストヒットアイテム1位受賞!
12日間で英語が突然聞き取れるというすぐれもの。『
マジック・リスニング』 
今月限定2000セット先着順に販売しています。無料体験版付。
   
自宅でも学習可能なかわいい『英会話ロボットチャーピー』。価格も3万円台と手頃。
   

忙しい人、勉強嫌いな人、飽きやすい人にぴったり。電車の中、入浴中、車の中でただ無意識に聞き流すだけの『スピードラーニング

   
テレビ・新聞・雑誌で絶賛されているポケットに入る英会話教室。1ヶ月でTOEIC 128 上がったという声も・・・マジック・トーカーズ
   
たった2週間、好きな映画ビデオや洋楽CDを楽しむだけで字幕スーパーいらずの英語耳に。バイオ・リスニング

オーストラリア
ホテル ガイド
オンラインだけの格安価格
選べる幅広い選択肢

 
 

お問い合わせ
  Copyright © 2002-2011 Mi Marketing Pty Ltd - All Rights Reserved -