オーストラリア

  釣り(オーストラリア)

旅の情報
くらしの情報
楽しむ情報
他のシティへGO!
オーストラリアオーストラリアホーム
一般情報
その他の情報
Google
Web ozlifestyle
友達に紹介 このサイトを
  お友達に紹介
お気に入りお気に入りに追加

釣り(オーストラリア)

魚釣りオーストラリアは世界でも指折りの釣り天国。タスマニアの澄んだ湖や川ではマスがいっぱい釣れるし、海には様々な種類の魚達が釣りファンを待ち構えています。リーフ・フィシング、岩礁からの投げ釣り、大物ねらいのゲーム・フィッシングと、あらゆるスタイルの釣りが楽しめます。

とはいっても、必ずしも、簡単に夕食の食材が釣れるというわけではありません。ほかでのフィッシングと同様、うまくチャンスを捕らえるには多くの要因が絡んできます。天候、潮の干満、月の満ち欠け・・・さらに、フィッシング・ポイントや、狙いの魚によって、さまざまな要素があります。



サーモン

オーストラリア・サーモンは青年期はコッキー・サーモンまたはベイトラウトと呼ばれています。アトランティック・サーモンとは違う種類に属し、気性が荒く、スポーツフィッシングに最適です。波の高いビーチ近辺ならたいてい、特に深い海峡付近のビーチ付近に多く見られます。岩場、桟橋や望防波堤付近でも見ることができます。
サーモンは銀色の小型の魚を好むので、銀色のスプーン等のルアーで釣ることも、小型のイワシ等の餌で釣ることもできます。日によって餌とルアーでの釣果が異なるので、初めに両方試してみたほうがよいでしょう。サーモンの大きさは小さなものは数百グラムから大きいものになると3キロ以上になりますが、メルボルンとタスマニアでは500グラムから1キロが一般的です。サーモンは一年中釣れます。

餌フラットヘッド
フラットヘッドは見た目はあまり良くありませんが、大変美味しい魚です。ビーチや海峡の砂地でじっとして餌が通りすぎるのを待っています。いろいろなものが餌として使えますが、イワシ等の小魚、小海老がとくにおすすめです。銀色のルアー、やわらかいゴム製の疑似餌で砂地の底をこするようにゆっくりと引っ張る釣り方も有効です。

ブリム(黒鯛)
ブリムはとても臆病です。そのため、細いラインで錘をあまり使用せず、かに、海老、むらさき貝、小型のイワシ等での餌つりが一般的です。河口付近、特に海水と淡水が混じっているところの桟橋や岩場付近でよく釣れます。引きがとても強いので、岩などの障害物の下にもぐりこむ前に釣り上げなければいけません。


ルアー その他

その他海岸付近では、スナッパ−(小型の鯛でビクトリア州ではピンキーとも呼ばれる)、ホワイティング(大型のキスの一種でキング・ジョージ・ホワイティングと呼ばれるものは50cm以上にもなる)、シルバー・トラバリー(しまアジの一種)、イカ、バラクーダ(カマス科の大型な魚で歯がとても鋭い)、エイ、サメなどいろいろな魚が釣れます。

一般的には重い錘をつけて遠くへ投げるよりも、防波堤等の障害物付近で軽い錘をつけてラインを垂らすほうがよい釣果が期待できます。ワイヤートレースやリグは臆病な魚には使用しないほうがよいでしょう。また、撒き餌を使用するとよりよい釣果が期待できます。湿らせたパンとツナオイルを混ぜたものや、キャットフード、腐りかけの魚片もよく使われます。ただし撒き過ぎは逆効果をもたらすのでご注意。

釣りロケーション
ビクトリア州で岸釣りをするなら、モーニングトン、ポートシー、フリンダースがおすすめです。どちらもメルボルンから車で約1時間半の距離です。
グレート・オーシャン・ロードの海岸沿いはサーモン釣りに絶好のポイントです。サーモンはよく移動するので、移動していろいろなポイントを試してみたほうがよいでしょう。 ローンの桟橋ではサーモン、トラバリー、キングジョージ・ホワイティングなどがよく釣れます。

タスマニアでは、デルウェント川のタスマンブリッジから上流地域では大型のむらさき貝ブリムが、ルアーでシーラントラウトがよく釣れます。東海岸では大型のイカ、サーモン、フラットヘッドが、トライアバン付近のイースト・コースター・リゾート内のマリーナや ビッチェノのガルチでは夜間明かりの下でアジがよく釣れます。イーグルホーク・ネック・ジェティーでもいろいろな魚が釣れます。

オーストラリア
ホテル ガイド
オンラインだけの格安価格
選べる幅広い選択肢

 
 

お問い合わせ
  Copyright © 2002-2011 Mi Marketing Pty Ltd - All Rights Reserved -